園長のつぶやき

本園は、山々に囲まれ、歩けば小さい丘陵や田んぼのあぜ道があり、鮎や鮭も還る清き上林川が流れています。
この大自然に囲まれたロケーションは、のびのびとあそび、やりたいことや集中したいことを見つけられる自主性をもった子どもを育てるには抜群の条件です。園のテーマである「自然がお手本」という言葉通り、自然を五感で感じながら、その大きさやさしさそして厳しさ等を学び、心の大きい子どもを育成していきたいと思っています。心が大きく育てば、周りの人にもやさしく思いやりがある子どもに成長していきます。
また昨年度から保護者会の皆さまのを借りて園の裏山を整備し、子ども達の冒険といこいの場をつくり、平成29年夏の完成を目標に園庭の改修も進んでおります。
平成28年4月より幼保連携型認定こども園となった綾東こども園では、あそびの体験の中から成長の基盤となる学びをしてほしいと願っています。それは、探究心や考える力を見出し、友だちと協働するコミュニケーションの力を育てる「生きる力の基礎」になっていきます。人に与えられたあそびだけでなく、もっとおもしろい事をしたいという欲求をもち、考え、やがては友だちと力をあわせ工夫して達成していく、そんな子どもを育てる園でありたいと考えています。
これからも、保護者や地域の皆様に信頼され愛される園づくりを、皆様のご協力のもと、職員と心をひとつにして目指してまいりたいと思っております。
どうぞ皆さまのご指導、ご鞭撻、そして大きなお力添えをいただきますようよろしくお願い申し上げます。

平成29年5月22日
綾東こども園
園長 渡邊友子

職員の紹介

綾東こども園の職員は、よく食べよくあそび、そしてよく仕事をします!?
いつも賑やかで子ども達と一緒に仲良く毎日を楽しんでいます。